ロデオカラコン キャストモールド製法

ロデオのカラコンのキャストモールド製法とその安全性について

今やカラーコンタクトレンズは多くのメーカーが存在しておりますが、レンズの製造方法も様々。
現在もっとも主流となっているのがサンドイッチ製法と、ロデオカラコンの製造方法でもあるいうキャストモールド製法。
それぞれのメリットとデミリットについて説明します。

サンドイッチ製法とメリットとデミリット

サンドイッチ製法とは名称どおりの製造方法です。
2枚のレンズの間に着色料をいれて圧縮させるという方法。
メリットは着色料をはさんでいるので、着色料が目に直接触れにくい点から安全性が高い製造方法だと言われています。
デミリットは2枚のレンズを使用しているため、やはりその分レンズが分厚くなりますし、レンズも固めになってしまうのでゴロゴロしたりと着け心地でいいますと劣る点があるようです。

キャストモールド製法のメリットとデミリット

キャストモールド製法とはレンズの基となる素材と着色料を機器にいれて混ぜてからレンズを製造する方法
デミリットとしては、レンズと着色料を混ぜているので不良品があった場合、目に着色料が触れて充血したりすることがあるようです。
メリットとしては、製造方法から薄く、柔らかいレンズとなる為に着け心地の良いレンズといえます。

キャストモールド製法の安全性は?

たまにロデオカラコンはキャストモールド製法の為、危険だという方もいらっしゃいます。

レンズ消毒

結論からいいますと、レンズの製造方法で安全・危険の判断はないというのが私の結論です。
ただどこのメーカーかもわからないレンズがキャストモールド製法でレンズを製造し販売しているのなら不良品だと危険ということになります。
ですがロデオカラコンに関してましては韓国でも大手のレンズメーカーが製造しておりますし、不良品の点検などもしっかり行なっているようです。
キャストモールド製法は着け心地も良いですし、気に入っている方も多いかと思います。
なので製造方法の安全性をみるのではなくてレンズの安全性は日々の消毒方法や保管方法で決まってくるのではないでしょうか。
ロデオカラコンの場合は1年使用なので適正な消毒液を選び・適正な使用方法を守ることで安全だといえます。
ロデオだけでなくどんなカラコンを利用する時もカラコンの日々の手入れ次第で安全性はかわってくるのだと思います。
カラコンの消毒方法や保管方法はしっかりの守り、良いカラコンライフを送りましょう。